カテゴリ:インド(India)( 8 )

インド最大級のモスク

インドねこ旅は前回で終了のつもりでしたが、
もう1匹猫に出会っていたことを忘れていましたー。
インド旅、最後のにゃんこをご紹介。

e0255060_16123763.jpg
デリーにある、インド最大級のモスク。
ジャーマー・マスジド。

e0255060_16503213.jpg
大量のインド人が水浴びできるようにお清めするとこもでかい!
モスクの中にこんな大きな水場があるの初めて見た。
プールみたい。

e0255060_16552109.jpg
Main entrance from inside.

e0255060_17025371.jpg
Cusped arches, interior .

e0255060_17043588.jpg
Prayer area inside the mosque.

e0255060_17110006.jpg
祈りの姿はいつ見ても美しい。

e0255060_17114021.jpg
遠くまで続く回廊。

e0255060_17235483.jpg
このモスク、さすがインド最大級といわれるだけあって、中の広場もとっても広い!
あのインド人の数に合わせるとこのくらい広くないとねー。

e0255060_17245497.jpg
モスクというのはなぜこんなにもシルエットが美しいのでしょうか。

e0255060_17252278.jpg
なんだか、ヒンズー教よりイスラム色が強いインド旅となってしまった今回の旅。

最後のにゃんこはこちら!

e0255060_17271761.jpg
夕涼み?している人たちに寄り添うニャンコ。

e0255060_17274553.jpg
光のさし方が素敵!
今回の地獄の?修行のような旅に光が差しました。

インドでは、「幸せのハードル」ということを学びました。
実際にはお会いできなかったのですが、大変お世話になったインド在住の日本人の方からいただいたメッセージ。

******************************************
古賀様の感じられた体験はこれからの糧になり、どんな状況でもインド人と同じように前向きになれる力となるでしょう。
カースト等により貧富の差は激しいのですが、そんなことでくよくよしている様子は全くなく、その日のご飯のため、家族のために働いています。
飴1個をもらっただけでもその日1日バラ色だったりします。
幸せのハードルが低いのです。
低くてもそこら中に落ちているわけではなく、自分で何とかした結果でもあります。
高く設定してしまうと不幸が多くなってしまいますね。
そんなことを感じさせられる毎日です。
******************************************

インド旅を通して、辛い中にも、来てよかった、また来たい、と思えたのは、
この幸せのハードルに気づけたからだと思います。

またインド行くぞー!!!

これでほんとにインドねこ旅は最終回です。
次回からはイスタンブールのねこ旅をお届けします。

*********************************************************
instagram始めました!
https://www.instagram.com/nekoyama02/

twitterはこちら!
https://twitter.com/nekoyamayu

猫専門のポータルサイト・ネコアイランドで連載をしています。
その名も「肉球の歩き方」!
https://necoi-land.com/
*********************************************************

[PR]
by nekoyama1002 | 2018-07-31 17:36 | インド(India) | Comments(8)
イスラームの聖地アジメールから10数キロのところにある町・プシュカル。
プシュカルは、ヒンドゥー教徒にとっての5大巡礼地のひとつらしいです。

イスラームの聖地からヒンドゥー教の聖地へ。
途中、ジャイナ教寺院にも寄って黄金のジオラマも見たし、
いろんな宗教施設に行けておもしい旅になった!

e0255060_17232915.jpg
プシュカル湖の湖畔に広がる街。

白い街並みは、なんかインドじゃないみたい!
モロッコとかスペインにありそうな町。

e0255060_17292342.jpg
沐浴している人々。
フライトのキャンセルによりガンジス川に行けなかった私としては、沐浴姿を見れてうれしい!


e0255060_17252279.jpg
犬も己を清めている。

ちなみにこのガートに入るときも、
靴、カメラを預けろ、もちろん有料。
勝手に案内し、寄付を求める。もちろんこれもビジネス。
というすったもんだの一通りをやりました。
あなたには寄付をしない、寄付箱に入れると言ったら、すごい怒り狂われて、
「出ていけ!」と言われました。
勝手に案内しておいて、高額な寄付を要求してきておいて、、、。
正しい方法で寄付しようとしているのに。なぜ暴言を吐かれなければならない?
いちいち疲れる(;^ω^)
まぁいいや。
聖職者でもない人に、勝手に案内されて、勝手にお祈り等の儀式をされて、なぜその人に寄付をしなければならないのでしょう?そもそも聖なる場所でそういうだましを行ってバチあたらないのかなぁ?
まぁいいけど。

e0255060_17355347.jpg
プシュカルの街のメインストリート。

e0255060_17491669.jpg
牛を見てももう何も思わなくなった。
トルコの猫並みに、あたりまえにそこにいる牛君。

e0255060_17523632.jpg
牛君連なってる~。
こぶがあってラクダみたい。

e0255060_17584014.jpg
飲むには勇気がいるジューススタンド。
チャレンジ精神はこの時ゼロ、いや、マイナス。
もちろん飲みませんでした(;^ω^)

e0255060_18001232.jpg
食堂にいたニャンコ。


e0255060_18010314.jpg
きっと毎日カレーを食べてるにちがいない。

e0255060_18013263.jpg
かわいいスカートやワンピースなどがたくさん売ってますが、
すでに数日前に30000円分くらい爆買いしているため物欲は満たされていましたので、
何も買わなかった。
でも買えばよかったなー。500円するかしないかくらいですもん。

e0255060_18031208.jpg
この奥の階段を上ったところに、寺院があります。
もちろんそこでも、
靴、カメラを預けろ、もちろん有料。
勝手に案内し、寄付を求める。もちろんこれもビジネス。
というすったもんだの一通りをやりました。
あなたには寄付をしない、寄付箱に入れると言うところまで一連の流れを(;^ω^)

ん???

e0255060_18044816.jpg
にゃーにゃー聞こえる!!!

e0255060_18052723.jpg
いた!猫!!!


e0255060_18054618.jpg

牛とニャンコ!

e0255060_18060933.jpg
おじさん、おにいさん?が捕まえて抱っこさせてくれた。

e0255060_18064232.jpg
看板猫やってます。

e0255060_18065905.jpg
インド人も猫撮ってる(=^・^=)

e0255060_18072005.jpg
牛と犬ばかりのインドで、猫に出会えたときの喜びは大きかった!
ほかにもいろいろな場所を訪れたのですが、インドの猫さんはこれでおしまい。
ねこ旅また旅インド編もこれにて終了です。

次回からは、2017年秋に訪れたトルコ・イスタンブール編をお届けします。
お楽しみに!

*********************************************************
instagram始めました!
https://www.instagram.com/nekoyama02/

twitterはこちら!
https://twitter.com/nekoyamayu

猫専門のポータルサイト・ネコアイランドで連載をしています。
その名も「肉球の歩き方」!
https://necoi-land.com/
*********************************************************

[PR]
by nekoyama1002 | 2018-07-20 18:09 | インド(India) | Comments(6)
フワージャ・ムイーヌッディーン・チシュティーのダールガー(廟)

覚えられません(笑)

私、旅行先で訪れた町の名前、施設の名前等はけっこう覚えてるほうですが、
ここに関しては、1文字も覚えれてません(;'∀')
なんとなーくさえも覚えてません。

e0255060_18174788.jpg
またまた猫に出会えました!
ここはイスラムの聖地だからか、猫率が高い!
一眼レフ持ってるのに使えないのが悔しい。。。
スマホがOKでなぜ普通のカメラがだめなのだ?
ここ以外の施設でも、カメラはダメだけどスマホはOKの施設たくさんありました。
インドに行く際には、スマホの充電ばっちり、容量ばっちりにしておくのがいいですね。

e0255060_18282659.jpg
猫さんどこ行くの?
今度こそついていこう!

e0255060_18290081.jpg
待って~!


e0255060_18333586.jpg
どこへ連れて行ってくれるのかしら?

e0255060_18362221.jpg
ここは、人がいなくて落ち着く場所です。
この超人ごみごみの中で、こんなおちついたスペースがあるとは!
なんかやっとリュックをおろして、一息つけます。
門で、靴と一眼レフと、リュックに詰め込んでドタバタでしたから。

e0255060_18405842.jpg
あ!人いた!

e0255060_18411764.jpg
インドで人混みじゃない場所、落ち着ける場所は無いに等しいです。
こんな人でごったがえしてる施設内で、一瞬でも喧騒を忘れられるとは。
猫さん案内してくれてありがとう!

e0255060_18432322.jpg

そしてまたさっきの神聖な場所に戻りましたが、
やっぱりすごい人人人!
この日は何か特別な日だったのか?
いやぁ、毎日こんななんだろうな。

e0255060_18445730.jpg
何やら赤い紐を結んでいます。

e0255060_18453037.jpg
そういえば、イスラームの宗教施設で、何かお供えしたり、こんな風に紐を結んだりするの見たことないかも???

e0255060_18482185.jpg
インドっぽい装飾。かわいい。

e0255060_18490541.jpg
アコーディオンのような鍵盤楽器で、演奏を。
ハーモニウム、という楽器のようです。
西洋のアコーデオンに似た楽器で、右手で鍵盤を弾き、左手で空気を送り込みます。
ただし、西洋のアコーディオンのように肩にかけて、横にもって弾くのではなく、目の前の置いて座って弾くのが特徴です。左手で空気を常に送り込み、右手で鍵盤を弾きます。
ハーモニアのみではなく、タブラやシタールと一緒に演奏されることが多いです。とのことです。
こちら参照↓
https://fishand.tips/select/article/5028

e0255060_18523961.jpg
お清めするところ!

e0255060_19061541.jpg
手足や顔、口をお清めしています。


e0255060_19071319.jpg
なんだこれ?食べ物か??
だとしたら食べたくはありません(;'∀')

情報が少なすぎて、何がなんだかわからないことも多々ありましたが、
カオスなイスラームの聖地、貴重な経験となりました。
初インドでここアジメールを訪れる日本人など、私らくらいでしょう。
何度の何度もインドへ行って、とか、
インドを何か月も放浪して、とか
そういう旅のスタイルじゃないときっと訪れることのない街アジメール。

やっぱり、私はイスラームに呼ばれているのかもしれません。
まだ、豚肉との別れは厳しいので、改宗は考えてません(笑)。
でも、いつかもしかしたら改宗することもあるかもしれないと思い、
常日頃から、豚肉を食べるようにしています。
今のうち食べとこう!みたいな。

とはいえ、改宗の予定はありません。








[PR]
by nekoyama1002 | 2018-07-19 19:10 | インド(India) | Comments(10)
それがここアジメールの一番の名所です。

e0255060_19414565.jpg
廟への入場口。ニザーム門。

このゲートで、靴やカメラを預けなければなりません。
インド人は、靴、草履はその辺に脱ぎ捨てて行ってますが、観光客は預けなければならない様子。
もちろんお金払って。。。
カメラは、向こうまで行って預けて来いと言われる。
カメラを預けるなんて・・・。信用できない!!!
「絶対撮らないから!!!」とお願いお願いして、「じゃぁまぁいいよ」ってな感じでなんとか持ち込みしました。
※でも預けてもきちんと返してもらえるようです。そこは信じてもいいみたい。お金は払わなきゃいけないけど。
地元の人は預けなくていいところを見ると、「預かる」ということで成り立ってるひとつの商売なんだろう。


e0255060_19464571.jpg
そんなこんなで、すったもんだしながら、中に入りました。

e0255060_19511302.jpg
人でごった返してます。
どこが何やらさっぱりわからず。

そこで、何やら、勝手に案内をしてくれるおじさんが現れ、
勝手に案内されてしまいました。

e0255060_19513613.jpg
お賽銭的な。

e0255060_19524146.jpg
勝手に案内してくれるおじさん。
これは、何か炊き出し的な食べ物か?

e0255060_19531332.jpg
あー!猫!!!!
一眼レフで撮りたかったけど、持ち込み禁止のため、リュックから取り出せず。。。
泣く泣くスマホで撮影。
くそー!せっかくの猫なのに!

e0255060_19540646.jpg
なんだかどこかへ案内してくれようとしている!


e0255060_19544530.jpg
待ってー!!!

でも、ここでついていったら迷子になってしまう。
携帯もつながらないwifiもつながらないこんなところで迷子になったら生きて帰れない!
泣く泣く、追うのを諦める😿

e0255060_19563601.jpg
お供えのお花。
薔薇の香り🌹

e0255060_20000264.jpg
ここがこの廟で一番の神聖な場所のようだ。

e0255060_20002606.jpg
神々しい!

e0255060_20005495.jpg
この中に入るのに、「リュックの中に靴入れてるでしょ?靴持ってたら入れない」と言われた。
カメラはあれだけど、確かに靴は神聖な場所には持っていけないのは理解できる。
なので、素直に門で靴は預ければよかったなぁと後悔。
モスクや寺院では、素直に靴を預けるのがベターだと思います。
(なんで預かるだけで金がそんなにかかるんだよ!見張ってねーだろ!とイライラしますが。まぁそこはインド。)

そんなこんなで中に入ったら、薔薇の香りがすごくて、なんだか中はカオスで
よくわからないまましっちゃかめっちゃかな感じで出てきました。
もっと前知識ある状態で行きたかった。悔しい!

e0255060_20055850.jpg

そういえば、カメラの持ち込み禁止のくせして、
携帯で撮るのはOKなんです!!!
意味ないじゃん!!!

e0255060_20084237.jpg
ここでも知らないインド人と記念撮影をたくさんしました。
カメラ持ち込み禁止のこの場所で(笑)。

*********************************************************
instagram始めました!
https://www.instagram.com/nekoyama02/

twitterはこちら!
https://twitter.com/nekoyamayu

猫専門のポータルサイト・ネコアイランドで連載をしています。
その名も「肉球の歩き方」!
https://necoi-land.com/
*********************************************************

[PR]
by nekoyama1002 | 2018-07-18 20:10 | インド(India) | Comments(8)
インドのラージャスターンにはたくさんの魅力的な街があります。
・・・が、飛行機の度重なるキャンセルや遅延でスケジュールがめちゃくちゃになった私には、
行きたい街の選択肢はありませんでした。。。😿
そんな中で、絞り出した案がアジメールという町。
ヒンドゥー教の影響が色濃いラージャスターン地方の中で、アジメールはなんとイスラム教の聖地!
インドに来て、まさかイスラムの街に行くことになるとは・・・。
イスラム好きの私にとっては結果オーライ?

ジャイプールからタクシーを2日間チャーターして行きました。
いくらだったか覚えてないけど、1万円はしてないはず。
この頃、強烈な腹痛に襲われていたため、記憶が飛んでいます(;'∀')

タクシーは、途中ドライブスルーみたいなところに食事休憩に寄りますが、
ここでお土産を買わせるような契約になってるっぽく。。。
まぁよくありがちなあれです。
でも、今、腹が痛くて、、、それどこじゃない!!!
風船のように膨れ上がったおなかは臨月のよう。。。
座ってるのも苦しい。。。
とにかくインドの腹痛は、、、辛かった!

そんなこんなで、到着しました。
イスラームの街・アジメール。

e0255060_18030982.jpg
イスラムっぽい雰囲気はあるかというと、そうでもありません。
インド色の方が濃いです。

e0255060_18042569.jpg
お乳パンパンの豚と一緒に歩く友人。
インドに来てもう4,5日たってるので、動物見ても驚かなくなりました。
慣れってすごい。

e0255060_18083191.jpg
女性の服が鮮やかで素敵です。

e0255060_18103864.jpg
おじさんもいい感じ~。
歩く人たちの服を見てるだけでもとても楽しい(=^・^=)

e0255060_18161399.jpg
綺麗~。
サリーは大きな布一枚だから着るの大変だけど、こういうワンピースとパンツのやつなら着れそうだから、
一着ほしいなぁ。
・・・と思っていたが、腹痛のため、、、ショッピング意欲ゼロ。。。
ほんとはビンディーとかいろいろ買いたかった😿

とにかくいつ襲ってくるかわからない腹痛と戦いながら脂汗を流しつつの旅だったため、
やりたいことの20%もできなかった!
何よりも10日間でカレーを2回くらいしか食べれなかったのが!!!悔しい。

e0255060_18314906.jpg
インド人は、写真が大好き。
カメラを向ければ、ピースサイン。
向けてなくても、撮ってくれと言ってくる。
あと、セルフィーでの記念撮影が大好き。
きっとこの旅の道中、知らないインド人200人近くと、記念撮影しました。
私のカメラにもたくさんのインド人との記念写真が残ってます。


e0255060_18353787.jpg
この男の子は、気に入るまで納得いくまで、何度も何度も撮影をねだってきました。
でも、その写真を欲しがるわけではありません(笑)。

e0255060_18382440.jpg
男の子、友達も呼んで来て、ポーズをきめる。
ほんとはチップが欲しかったのかな?いや、たぶんそれはない。

そんなこんなで、なかなか前に進めない中、歩いていると、、、、
目に飛び込んできたものが。。。

e0255060_18405353.jpg
ね、猫!

e0255060_18411453.jpg
う、うわぁ。。。
ブサイク。。。。


e0255060_18414103.jpg
味のある顔してます。

e0255060_18470986.jpg
こういう猫って意外と「いいね」が付くんですよね。

猫がいないインドで、猫に出会えて「いいね」でした(=^・^=)


*********************************************************
instagram始めました!
https://www.instagram.com/nekoyama02/

twitterはこちら!
https://twitter.com/nekoyamayu

猫専門のポータルサイト・ネコアイランドで連載をしています。
その名も「肉球の歩き方」!
https://necoi-land.com/
*********************************************************

[PR]
by nekoyama1002 | 2018-07-17 18:48 | インド(India) | Comments(10)
e0255060_23421161.jpg
アノーキーミュージアムにやって来ました。
アノーキーはブロックプリントのブランドです。

e0255060_23432803.jpg
建物がピンクでカワイイ。
ここジャイプールは、ピンクシティと呼ばれています。

e0255060_23475734.jpg
中はこんな感じです。
可愛くてうれしくなります。
そういえば、ここジャイプールはモロッコのマラケシュに似ているなぁ。
マラケシュも、ピンクシティです。

e0255060_23503994.jpg
テキスタイルの博物館。見事な布や服のコレクションがありました。


e0255060_23512879.jpg
サリー。
サリーといえば、黄色やピンクの派手な色のイメージがありましたが、こういったシックなものもあるのですね。
素敵です。


e0255060_23523500.jpg
日本の絣に通じるものがあります。

e0255060_23530022.jpg
おじさんが、木版を掘る実演をしてくれています。

e0255060_23541433.jpg
おじさん、くれぐれも指にきをつけてね!!!
細かい技。職人の技。

e0255060_23545540.jpg
たくさんの木版。
これを組み合わせて、幾重にも重ねあわせて、あのインドのプリントが生まれるのですね。

e0255060_23560368.jpg
ほんとうに細かくて繊細な模様!

e0255060_23563838.jpg
道具なども展示されています。

e0255060_23570723.jpg

ブロックプリント実演中!

e0255060_23574873.jpg
今は、緑の葉っぱと蔦の部分を木版で押しています。
ちょっとでもずれたら台無しです。
柄と柄をピッタリあわせるのはやはり職人の技。

e0255060_23592272.jpg
ちょっと私もやってみます。

e0255060_23594898.jpg
まずはおじさんのお手本を見せてもらって。

e0255060_00002469.jpg
私もやってみました。

枠内に色を入れる作業。
枠とぴったりにするのもむずかしいけど、色が薄すぎても濃すぎてもダメだからほんとに難しい。
上からトントンと木版を叩いて色をつけるのですが、力が弱すぎると色がかすれてしまうし、強すぎると
色が濃く出過ぎてしまうし。これは修行が必要です。

アノーキーミュージアムには、ショップも併設されてあり、
ポーチ、ブックカバー、ノート、ベッドカバー、バッグ、チュニック、ワンピース、スカートなどなど、
インドで3万円分くらい買ってしまいました。
インドで3万つったら相当です。爆買い日本人です。

さて、、、お宿へ戻ったら、、、

e0255060_00055842.jpg
ちょうどルビーが夕方のお散歩中。

e0255060_00063337.jpg
ノシノシノシノシ。

e0255060_00065394.jpg
この日もリードをつけて散歩をしているルビーなのでした。

*********************************************************
instagram始めました!
https://www.instagram.com/nekoyama02/

twitterはこちら!
https://twitter.com/nekoyamayu

猫専門のポータルサイト・ネコアイランドで連載をしています。
その名も「肉球の歩き方」!
https://necoi-land.com/
*********************************************************

[PR]
by nekoyama1002 | 2018-04-26 00:07 | インド(India) | Comments(8)
e0255060_00494528.jpg
ルビーは毎朝夕、こうやってホテルの庭を散歩しています。

e0255060_00511500.jpg
ルビーは、とても穏やかな猫。

e0255060_00515257.jpg
ルビーを見ていると、ここがインドだということを忘れます。
ルビー、もし野良だったら絶対やってけないな。
絶対家出しちゃ、だめよ。

e0255060_00540469.jpg
ノシノシ。

e0255060_00585786.jpg
屋上には、野良孔雀。
e0255060_00543039.jpg
ルビー、お庭をパトロールしているようです。

e0255060_00550852.jpg
倉庫の奥まで、パトロールしてます。

e0255060_00560796.jpg
ルビーを溺愛する、おじさん。
おじさんには本当にいろいろと親切にしてもらいました。
何度迷惑をかけ、助けてもらったことか。。。
今度インド行く時も、絶対にここに泊まりたい。
その時はおじさんの目を盗んで、ルビーを部屋に連れ込みたい(笑)

さてさて、ちょっとだけ、インド旅を。

e0255060_01010734.jpg
ここは、ジャイプール一の観光地・アンベール城。

e0255060_01032331.jpg
サル!


e0255060_01034305.jpg
日光みたい!
高崎山みたい!

インドはほんとにいろんな動物が野放しでいるので、楽しいです。
これで猫もおなじくらいいたら楽しいのになぁ。

e0255060_01145861.jpg
丘の上までは、象のタクシーで向かいます。

かなり、揺れます。

e0255060_01155011.jpg
かなり揺れるゾウタクシー。
おなかを壊している人にとってはこの揺れは拷問でしょう。
(この時は私はまだ大丈夫だった。そうこの時は。)

それにしてもアンベール城は、ほんとに素敵です。

e0255060_01184067.jpg
このゲート、モザイクと華やかな彩りにうっとりしちゃいます。

e0255060_01205551.jpg
お庭も幾何学模様になっていて、オレンジ色のサリーの女性がまぁ映えること!

e0255060_01223358.jpg
庭の手入れをしている女性のようですが、
写真を撮る人達に向かって、しっかりチップをpleaseしてました。

e0255060_01204324.jpg
鏡の間。

e0255060_01203045.jpg
鏡細工で埋め尽くされています。

インド=デリーやバラナシのイメージが強すぎて、
インドにこんなカラフルで可愛くて素敵な装飾で埋め尽くされたお城があるなんて
思ってもみなかった。
インド、ごめん。誤解してた(^_^;)

*********************************************************
instagram始めました!
https://www.instagram.com/nekoyama02/

twitterはこちら!
https://twitter.com/nekoyamayu

猫専門のポータルサイト・ネコアイランドで連載をしています。
その名も「肉球の歩き方」!
https://necoi-land.com/
*********************************************************

[PR]
by nekoyama1002 | 2018-04-24 01:32 | インド(India) | Comments(10)
2017年~2018年にかけての年末年始に、インドに行ってきました。
インドと言えば、猫、ではなく、犬、牛。
猫は最初からまったく期待してない旅でした。

でも、私は持ってる!猫運を!
と言うことで、インドで出会った数少ない猫達をご紹介します。

e0255060_21440155.jpg
インド・ラージャスターン州のピンクシティと呼ばれる都市・ジャイプール。
ジャイプールで泊まった宿は、こちら。

ラウラ ラワッツァー(Rawla Rawatsar)
https://www.booking.com/hotel/in/rawla-rawatsar-jaipur.ja.html

e0255060_22173441.jpg
お花と緑でいっぱいのお庭。

e0255060_22292463.jpg
ブーゲンビリア。
この季節のインドは、20度前後で、とても過ごしやすい。
ベストシーズンなのです。

e0255060_22182273.jpg
インドはホテルの値段がピンキリです。
安宿だと300円くらいから、マハラジャの宮殿ホテルは数十万。など。
ホテルの格差が貧富の差を物語ってるようです。
ここは、1泊4000円くらいの宿。
でも、安宿ではなく、高級な方です。

e0255060_22304351.jpg
廊下や階段の窓のガラスもカワイイ。

e0255060_22270951.jpg
お部屋もカワイイ。
ベッドカバーが、インド伝統のブロックプリントのものでとってもかわいくてテンションがあがります。

e0255060_22320193.jpg
私たちの部屋には、専用のバルコニーもありました。
最高!
でも、、、部屋が素敵だと、困ります。
もともと引きこもり体質の私。出かけたくなくなっちゃいます。

e0255060_22333971.jpg
お庭に鳥がいました。

e0255060_22353298.jpg
まさかのピーコック!
孔雀です!
野良孔雀!
野良っていう言い方は失礼ですね。野生の孔雀!
インドでは犬や牛、豚、鶏、猿、象、ラクダ、亀、などなどいろいろ見ましたが、まさか孔雀まで!

e0255060_22371452.jpg
え!?

え???

ネコ???


e0255060_22374672.jpg

ネコだーーー!!!

e0255060_22380330.jpg
まさかインドで猫に出会えるとは!
しかも、ゴージャス!
名前は、ルビー!

e0255060_22383029.jpg

ルビーは、このホテルのオーナーのおじさんが溺愛するニャンコ。
おじさん、猫が大好きみたいで、スマホの待ち受けも猫だった(笑)

猫を期待していなかったインド。
まさか一番長く滞在する宿に猫がいるにゃんて!!!
さすが私!

※実はインドに来て数日、いろいろハプニングが続いており、
(長くなるので省略しますが、、、)
二度と来るか!インド、と思っていました。
でも、この宿で、ルビーに癒され、オーナーのおじさんはじめ、
いろんな人に優しくしてもらい、インドへの気持ちはすぐに回復。
最終的には、また絶対行くから!インド!と思うまでに(=^・^=)。

*********************************************************
instagram始めました!
https://www.instagram.com/nekoyama02/

twitterはこちら!
https://twitter.com/nekoyamayu

猫専門のポータルサイト・ネコアイランドで連載をしています。
その名も「肉球の歩き方」!
https://necoi-land.com/
*********************************************************

[PR]
by nekoyama1002 | 2018-04-22 22:48 | インド(India) | Comments(8)

2011年から猫旅を始めました。トルコ、マルタ、台湾、日本の猫島etc。旅先で出会った猫さん達との一期一会をブログにつづっています。


by こがまゆ