人気ブログランキング |

スリー・シティーズをねこ歩き

e0255060_01151256.jpg
スリー・シティーズ。
バレッタの対岸に位置する、古い城塞都市。

ヴィットリオーザ、セングレア、コスピークワの3つの街を総称して、
スリー・シティーズ。

そんな古い街並みに猫発見!

e0255060_01151643.jpg
とても古いドア。
誰か住んでるのかな?
住んでなさそうだけど、玄関先に猫のごはんが・・・。

e0255060_01152268.jpg
古い町並み。
お家も売りに出されているものがけっこう多かったです。

人も少ないし、観光客もほとんどいない。
とっても静かな町です。
猫にとっては暮らしやすいだろうな。


e0255060_01152895.jpg
向こうに見えるのは、バレッタかな?

それにしても、空も海も青いっ!

e0255060_01153135.jpg
町の突端に位置する、セーフ・ヘブン公園。
そこには、海に突き出るように、監視塔ヴェデッテがあります。

監視塔です、その象徴なのか、「目」と「耳」がついてますよ。わかりますか???


e0255060_01153641.jpg
監視塔のそばにはわんこ。


e0255060_01154024.jpg
こんなきれいな街並みを見ながら、毎日おさんぽしているのでしょう。
うらやましいな。


あぁいけない!またいぬ散歩になろうとしている・・・。(笑)

さぁ、猫探しにまた歩くぞ~!


・・・・とはいえ、とっても暑い上に、坂道に階段。
体力もだいぶ消耗してしまいます。
だけど、日差しが強く暑いとはいえ、湿気がないので、過ごしやすい!
同じ30度超でも、東京だと死を覚えるくらい辛いですが、
ここマルタの5月の気候は、過ごしやすいと言えるでしょう。











Commented by morris-mami at 2014-07-17 03:03
こんばんは~☆
あれ、ワンちゃんだ!…って思わず突っ込みたくなっちゃいました。(笑)
監視塔の目と耳、ちょっと怖い感じです。
でも青い空と海、最高ですネ。
そして、猫ちゃんがいっぱいなんて、羨ましいです♡
Commented by fu-komukashi at 2014-07-17 08:51
はじめまして^^
猫旅だなんて 羨ましいです♪(゚▽^*)ノ⌒☆
Commented by simakuro-kiji8mt at 2014-07-17 08:59
日差しが強そうですね。でも湿気がないなんて羨ましい(^0^;
目と耳、判りましたよ〜。象徴としては理解できるけど、ちょっと気持ち悪い?!モチーフ(笑)ニャンコの目と耳だったら可愛かったかな〜?^^
Commented by nekoyama1002 at 2014-07-17 11:26
morris-mamiさん。
うっかり犬旅になってしまうところでした~(笑)。
マルタは猫いっぱい。人より猫のほうが多いって言われてるみたいですよ(実際は、探さないと猫見つかりませんでしたが・・・)。
Commented by nekoyama1002 at 2014-07-17 11:27
fu-komukashiさん。コメントありがとうございます。いつもブログ拝見しています。猫をテーマに旅してブログにつづっています。またのぞいてみてくださいね⋆
Commented by nekoyama1002 at 2014-07-17 11:29
simakuro-kiji8mtさん。日本の夏は、湿気がなければもっと過ごしやすいのでしょうが、、、マルタ、日差しは半端ないです。午前中は目が開けれなくてしょぼしょぼでした。
監視塔が、猫耳と猫目だったら・・・監視大歓迎です☆。
Commented by tokidokitasu at 2014-07-17 21:44
なんて青い空と海・・・輝いていますね
湿気が低いからでしょうか、
空気が澄んでいるような気がします。
日本は、ムシムシジメジメ・・・・気分もドンヨリです。
Commented by nekoyama1002 at 2014-07-18 01:10
tokidokitasuさん。嘘みたいな空と海の青さです。
日本は、道路等はゴミが落ちてなくて綺麗ですが、空気が汚いし湿気もすごい。マルタは、道路は綺麗ではないけれど、空気がきれいで、からっとしてて気持ちいい感じです。
日本って湿気もすごいくせに、東京の冬場は、サハラ砂漠より乾燥しているらしいですよ!
by nekoyama1002 | 2014-07-17 01:46 | マルタ2014(Malta) | Comments(8)

2011年から猫旅を始めました。トルコ、マルタ、台湾、日本の猫島etc。旅先で出会った猫さん達との一期一会をブログにつづっています。


by こがまゆ