はちわれ子との出会い

e0255060_16115.jpg
e0255060_161896.jpg
e0255060_162544.jpg



われ子と出会って初めての写真。

このころはまだ、私の手から猫パンチでごはんを数メートル先まで飛ばしてこそこそ食べていた。

警戒心出しまくりのわれ子です。

私はこの日から雨の日も風の日も雪の日も。
いえ、雪はまだ降ってませんが(笑)、
われ子に会いに遠回りして帰宅する日々です。
[PR]

# by nekoyama1002 | 2014-01-24 01:07 | はちわれ子 | Comments(2)

私はわれ子。はちわれ子。

はじめまして。私はわれ子。はちわれ子です。

12月から、Mayuさん家の近くで捨て猫やってます。

よろしくにゃー。

e0255060_111288.jpg



ということで。
初登場のわれ子です。
12月に、駅前の飲み屋街にある小さな公園で、ぴゃーぴゃー泣いてるはちわれの子猫がいました。
こんなところで、、、一人で、、、と気になっていたのですが。。。
それから10日くらい過ぎたころ、まだ、その子猫が同じ場所でぴゃーぴゃー泣いてました。
私は子猫を放っておけず、それから毎日、ごはんをあげに通っています。

最初は、私がパンをあげようとすると、それをネコパンチで2メートル先くらいまで飛ばして、
隠れてこそこそ食べた後に、私のところへ戻り、そしてまた猫パンチでパンを飛ばして、食べて、
私のところに戻って。。。の繰り返しでした。
警戒心が強く、後ろからそおおっと触ろうとしても、一度も触らせてくれないわれ子でした。

ですが、ひと月たち、われ子がどんどん心を開いてくれるようになりました。
私のそばでごはんを食べるし、私の髪の毛でじゃれたり、私の足を上ってきたり。。。
それはもう可愛いのです。

われ子は今の私の癒しです。

われ子ーーーー大好きだよーーーー。
[PR]

# by nekoyama1002 | 2014-01-23 01:16 | はちわれ子 | Comments(2)

ピーの病状

e0255060_022459.jpg


今日、血液検査の結果が出た。

ピー、正常値100のところ800超えていて、
先生もどうしたものか。。。と思ったそうだけど、
心筋症に詳しい先生に聞いて、穏やかにする薬を用意してくれたそうだ。

甲状腺に異常があるかもしれないので、そっちも調べて、
そっちも緩和するお薬を飲めば、穏やかに過ごせるようになるかもしれないとのこと。

すぐに死ぬって事ではなさそうなので、とりあえず、ほっとしました。

ピー、まだまだ生きてね!
[PR]

# by nekoyama1002 | 2014-01-21 00:23 | 家の猫 | Comments(2)

満席で座れにゃい

イスタンブールの旅はもっぱらお散歩旅。

疲れたので、シルケジ駅にあるマッサージ機を使おうと思い行ってみると。。。

あ!ひとつ席空いてる!
・・・・・・・・・・・・・・と思ったら。
e0255060_2355236.jpg


すっかり椅子にめり込んじゃって。くいこんじゃって。
e0255060_23553063.jpg


この気持ちよさそうな猫さんの姿見たら、疲れがふっとびました。

肉球の足跡もくっきり。(笑)
[PR]

# by nekoyama1002 | 2014-01-18 23:59 | イスタンブール猫2012 | Comments(2)

ピーが・・・・心筋梗塞に。。。

e0255060_23201429.jpg

母からTELがあった。
6年前に父を亡くしている私は、母からの電話には心臓が飛び出そうになる。
何かあったのか!と。
普段電話などしないから、ただ事ではないとわかるからだ。。

母からの話は、猫のピーの事だった。
今日、いつもと様子がちがい、ぜーぜー言ってるので、おかしいと思い病院に連れて行ったそうだ。
心筋梗塞で、心臓の形がゆがんでいて、そして、ものすごいバクバクいっていたそうだ。

とりあえず薬をもらい、今は落ち着いているそうだ。


・・・・・・・・・しかし、ネットで調べてみると、
猫の心筋症は治療法がなく、死亡率もかなり高いとのこと。。。

涙涙涙・・・・。

ぴーは、亡き父の忘れ形見。ぜったいに守りたい命。
そして、父がまだピーを連れていくわけない!と信じています。

ピー。がんばれ!
[PR]

# by nekoyama1002 | 2014-01-14 23:20 | 家の猫 | Comments(4)